Body Coloring


ボディカラーリングとは

きれいなブロンズ肌へ仕上げるために

予約のタイミング

「前日」「前々日」がおすすめです。コンテスト等の日程が決まりましたら早めのご予約をおすすめします。

前日、前々日ともに仕上がりに違いはございません。

カラーリング後はカラーリキッドがお肌に定着するまで(最低4時間、できれば12時間)汗をかいたり、水にぬれることは避けてください。その点を考慮して予約日時を決められることをおすすめします。

水抜き、サウナ、ハイパーナイフ等はカラーリング前がおすすめです。


【施術前日】

【1】ひざ下、ひじ、くるぶし、足の甲などの古い角質を優しく落としてください。色ムラを防ぎ、効果を長持ちさせます。

【2】ムラなく塗布するために、産毛・ムダ毛などは処理をお願いします。

※男性は特にムダ毛の処理をお願いします。カラーリキッドが肌へ届かずもったいないです。

※日頃からの保湿も重要。タンニングなどで皮がめくれないようにお肌をいい状態に保ちましょう。

 

【施術当日:カラーリング前】

【1】保湿剤(ローション、ボディオイル、クリームなど)、香水、コロン、デオドラントなどの使用をお控えください。リキッド定着の妨げとなります。

【2】施術後の肌と衣服との摩擦を防ぐために、ゆったりとした衣服(コットン、ダークカラー)がおすすめです。衣服に色がつく可能性がありますが洗濯で落とす事ができます。

【3】お顔へのカラーリングをご希望の場合はメイクを落としてご来店ください。※お顔はボディと比べカラーリングが長持ちしにくい箇所ですのでおすすめしておりません。大会当日、ファンデーション等で調整することをおすすめします。

【4】施術中はボディビルの方はビルパン、フィジークの方はボクサーパンツ等の着用をお願します。※着用するものはご自身でご用意ください。

【5】雨天時に来店される方は、肌が雨で濡れないよう襟元や袖口、足元をしっかりとカバーする衣類でお越しください。足元はサンダルやビーチサンダルは厳禁です。

【6】お荷物はできるだけ軽くコンパクトに。リュックや腕にかける持ち方はリキッドがよれることがあります。


【施術当日:カラーリング後】

【1】施術後、ボディカラーリングリキッドがお肌に定着していき、徐々に肌の色が変化していきまます。定着時間(最低4時間、できれば12時間)は長く取って頂ける程、より効果を高めます。

【2】仕上がりのムラを防ぐため、塗布したリキッドが定着するまでは(最低4時間、できれば12時間)シャワーや、汗をかくスポーツなどはお避けください。またリキッドがよれる様な行為はお避け下さい。

【3】翌朝、シャワーでリキッドを流します。

※JBBFでは大会当日にカラーチェックがありますので、リキッドが残らないように必ず洗い流してください。


【その他の注意点】

※事前にタンニングマシン、セルフタンニングローション等で下地を作る事で、カラーリングの色艶がより自然に近い濃い色合いに仕上がります。

※仕上がりの濃さは「日焼け下地の有無」や「肌タイプ」により個人差があります。コンテスト出場の方は下地を必ず作りましょう。

※最初のカラーリングから 24 ~48 時間後に再度カラーリ ングを行うと、カラーがより濃く定着します。

※乾いていない傷、飲酒後の方、妊娠中の方には施術できません。

※日焼け等で皮膚がむけている場合はムラが残ります。日頃からの保湿が大切です。

※カラーリング効果は肌表面の角質層がアカとなってはがれ落ちるまで続き、表皮の細胞が入れ替わるとお肌は元通りになります。標準的なターンオーバーをするお肌なら3日~1週間(一人ひとりのお肌の状態によって異なります)

メニュー・料金

コンテスト出場の方へ

コンテスト出場される方は、下地はある程度必要です!


「日焼けしたくないけど、日サロへ行くしかないのかな・・」

「どれくらい下地がいるのかな・・」

女性ならではの焼きたくない!という悩みもあります。

紫外線に弱いタイプの方もいらっしゃいます。

コンテストブラックを使用する下地の作り方などもアドバイスできますので気軽にご相談ください。


◆参考外部リンク

コンテストブラック(セルフタンニングローション)レビュー

ご予約前にご一読ください